無料説明会のご案内
彼らが入部できた理由
スポーツ留学したい人が覚えておかなければならないこと-英語-
スポーツ留学したい人が覚えておかなければならないこと-少人数制-
スポーツ留学への近道
高3になってからでは遅い場合がある/早くアクションして早すぎるということはない
スポーツ留学に向いている人/向いていない人
スポーツ留学までの流れ
スポーツ留学体験談
アメリカのレベルは思っている以上に遠くない
アメリカスターター会員
カンタンにできるスポーツ留学準備のアクション
長期留学コンサルティング

アメリカでプロになる
メジャーリーグをナマで見る
レポート
マニュアル


UPAC:US Play Abroad Club
アメリカスポーツ留学クラブ
IAS海外スポーツ留学センター

 

トップ > ニュース&メディア報道

英語ができなくてもアメリカで部活に入れる。トレーナーメンバーになれる
くわしくはここ

スポーツ留学に関する最新情報は  こちら

 

ニュース&メディア報道

IAS、UPACアメリカスポーツ留学クラブのアスリート海外進出活動が
メディアに紹介されています

 

  • 日経MJ 2004年6月19日 》記事はこちら
    ※IASのコンセプトや活動が大きく取り上げられています。
  • 読売新聞大阪版2004年2月23日夕刊 》記事はこちら
    ※われわれの活動ならびに背景がわかりやすく説明されています
  • 週刊ベースボール2004年2月28日増刊号「2004プロ野球全選手名鑑2・28」
  • ベースボールクリニック2004年1月号
  • バスケットボールマガジンクリニック2004年1月号

こうやってメディアの方のご協力もいただきながら一人でも多くの人がスポーツ留学という新しい選択肢を知ってもらうようになっていければと思っています。

 

早稲田大学アスレティックトレーニングシンポジウムに参加してきました

IASは2月29日(日)、早稲田大学国際会議場井深大記念ホールにて行われた、早稲田大学スポーツ科学部主催Waseda Athletic Training Society主管の早稲田大学アスレティックトレーニングシンポジウムに協賛講義に参加してきました。
日本のアスレティックトレーニング界を率いる先生方や、学生トレーナーとして現場で頑張っている学生方による講演、そして会場も参加のパネルディスカッション等大変盛り上がりました。
日本スポーツ界の盛り上げに熱い思いを持つ参加者の皆様にたいへん刺激を受け、IASもそうした動きにいろんな形で貢献していければと再認識しました 。

 

トピックス--------------------------------------------------------

■無料スポーツ留学診断
あなたがアメリカの、どの大学のレベルで活躍できる可能性があるか診断いたします。
こちらの留学資料請求から必要事項をご記入の上、備考欄に「無料スポーツ留学診断」と明記し、お申し込み下さい。

----------------------------------------------------------------


▲ページトップへ