無料説明会のご案内
彼らが入部できた理由
スポーツ留学したい人が覚えておかなければならないこと-英語-
スポーツ留学したい人が覚えておかなければならないこと-少人数制-
スポーツ留学への近道
高3になってからでは遅い場合がある/早くアクションして早すぎるということはない
スポーツ留学に向いている人/向いていない人
スポーツ留学までの流れ
スポーツ留学体験談
アメリカのレベルは思っている以上に遠くない
アメリカスターター会員
カンタンにできるスポーツ留学準備のアクション
長期留学コンサルティング

アメリカでプロになる
メジャーリーグをナマで見る
レポート
マニュアル


UPAC:US Play Abroad Club
アメリカスポーツ留学クラブ
IAS海外スポーツ留学センター

 

トップ > 留学プログラム > GCC:グレンデール大トレーナー特別インターンシッププログラム(長期)

英語ができなくてもアメリカで部活に入れる。トレーナーメンバーになれる
くわしくはここ

スポーツ留学に関する最新情報は  こちら

 

GCC:グレンデール大トレーナー特別インターンシッププログラム(長期)

トレーナー留学〜NATAを目指す方へ特別限定プログラム。 アメリカの大学チームの現場に即座に入って英語を勉強する、トレーナー特別インターンプログラム。

⇒2006−2007長期プログラムについてここ

トレーナー特別インターンプログラムとは、アメリカ大学のトレーナーの現場に即座に入ってアメリカスポーツ界の現場を体験できる機会です。
長期は限定名で、原則トレーナー学習・実践経験の有するものを対象としています。
つまり、即戦力として、現場に迎えられる他にはない機会を得られます。

◆グレンデール大 アリゾナ州グレンデール(大リーグマリナーズキャンプ地近郊)
◆タコマ大 ワシントン州タコマ(シアトルの南1時間ほど)
◆ウェストバージニア大 ウエストバージニア州モーガンタウン(ピッツバーグから約1時間)
(短期プログラム)  

 

【緊急速報!!短期プログラムではありますが、NATA取得を
 目指す人へ朗報ですのでおしらせします!】

ウエストバージニア大学(NATA認定校、NCAAディビジョンI所属校)での
トレーナー短期留学

2週間のアスレティックトレーナー体験プログラム。NATAへの第一歩、
夢への第一歩かもしれません。

詳しくはこちらをご覧下さい。

⇒2006−2007長期プログラムについてここ

----------------------------------------------------------------

 

【トレーナー特別インターンプログラム】

開始:2005年1月から6ヶ月または1年(受入校による)
定員:1〜2名
参加資格:
・2005年1月から半年から1年以上の留学が可能な方。
・大学・専門学校でのアスレティックトレーニング、それに関連する専攻学科で1年以上学んだ方。または1年以上、トレーナーとしての現場経験がある方 。


今プログラムで得られるもの

  1. 即座にチームの一員になって現場に入れる
    トレーナー留学を目指す方が最初に当たる関門が、TOEFL規準点の突破です。日本で規準点を突破し、渡米後いきなり現場入りするのは難しく、また、大学附属語学学校生では大学チームの一員としてトレーナー活動をさせてもらう機会は通常与えられません。このプログラムでは英語力が限られていても、渡米直後に現場で実践をする場が与えられるという画期的な制度です。
  2. 英語の習得
    チームに入り、アメリカ人とともに活動する環境に入ることで、より効率的に英語が習得できます。英語作りのコツはアメリカ人の友達を作ること。チームの一員となることでアメリカ人と友達になり、英語を聞き話す多くの機会が得られます。もちろん、すぐにはぺらぺらになりません。通じなくてくやしい思いをすることも少なくないと思います。しかし、それがまたバネになって、いっそう上達しようという思いにつながります。
  3. NATA公認トレーナーへの道、将来のコネクション作り
    周りの学生アメリカ人トレーナーの多くは、NATA (全米アスレティックトレーナー連盟)の資格取得をめざし、さらに、プロのトレーナーを目指しています。彼らと仲良くなり、ともに頑張りあうことでアメリカのトレーナー情報が得られ、刺激も受け、モチベーションが高まっていきます。彼らの中には将来メジャーリーグのトレーナーになる人も出てくるかもしれません。あるいは有名大のアスレティックトレーニングチームでともに頑張ることがあるかもしれません。こうした関係を早くから作れるのもこのプログラムの特徴です。

⇒2006−2007長期プログラムについてここ

 

特別プログラム受入校

グレンデール大
Glendale Community College

場所:アリゾナ州 グレンデール大(大リーグマリナーズ・パドレスキャンプ地ピオリア近く)
開始:2005年8月
定員:1〜2名
スポーツ:フットボール、サッカー、ソフトボール、バレーボール、バスケットボール、野球等
1シーズン滞在可能であれば全てを現場経験できます
現地トレーナーと扱いは同じ。ロッカーも支給。   
参加資格:
・2005年8月から半年〜1年以上の留学が可能な方。
・大学・専門学校でのアスレティックトレーニング、それに関連する専攻学科で1年以上学んだ方。または1年以上、トレーナーとしての現場経験がある方 。

TOEFL不要!正規学生としてESL(外国人のための英語学校)をとります。

グレンデール大(=GCC)はフェニックス郊外北西に位置し、マリナーズ・パドレスの春季キャンプ地ピオリアにも近い、スポーツファンにはたまらない環境です。
GCCは2年制大学ですが、スポーツは盛んで環境は充実しています。NJCAA(全米2年制大運動連盟)に所属。運動部は以下の通りです。

男子バスケットボール、野球、フットボール、ゴルフ、サッカー、テニス、陸上
女子バスケットボール、ソフトボール、サッカー、テニス、バレーボール、陸上

アスレティックトレーニングプログラムも充実しており、プログラムを受けるアメリカ人学生の多くがプロトレーナーへの夢を抱き、NATA認定校へ編入して行くそうです。同じ志を持つ彼らから情報、刺激を受けながら、将来につながるコネクション構築の絶好の機会です。

 

タコマ大
Tocoma Communitu College

場所:ワシントン州 タコマ (シアトル近郊)
開始:2005年6月〜8月 延長可(3月から参加も可)
定員:1〜2名
スポーツ:バスケットボール 他のスポーツへの経験も交渉可
参加資格:
・2005年6月から最低2ヶ月の留学が可能な方。
・大学・専門学校でのアスレティックトレーニング、それに関連する専攻学科で1年以上学んだ方。または1年以上、トレーナーとしての現場経験がある方

 

他にもNCAAディビジョンI校、NATA認定校などとの提携準備中!
決定次第募集要項をアップします。

⇒2006−2007長期プログラムについてここ

【お申し込み・ご相談】

こちらの留学資料請求から必要事項をご記入の上、備考欄に「トレーナー特別インターンプログラム」と明記し、お申し込み下さい。

----------------------------------------------------------------


▲ページトップへ